louis vuittonルイヴィトン草間彌生yayoi kusamaモノグラムジッピーウォレットラウンドファスナー長財布水玉ドット白ブロンm60447
null
null 房子が咎《とが》めるようにいって、ふりかえると、薄闇《うすやみ》のなかを背の高い男が足早にこっちへあるいてきます。それが中岡だとわかると、房子は怖いと思う先に、わけもなく、くるものがきたという感じがして、どきんとしました。 「なあんだ。」  房子が自分を勇気づけるつもりで、そういったときです。うしろへまわった中岡が、いきなり房子の背中を抱いたのです。房子は、まさかいきなり抱かれるとは思わなかったので、ハッと驚いて、「いや」と肩をゆさぶると、思いがけなく、まったくあっという間に、どこからどうして入ったのか中岡の手が、房子の下腹へ直《じ》かにすべりこんでしまいました。あ、と房子は思わず叫んで腹をへこませると、お尻《しり》が中岡の固い大腿《だいたい》に押しつけられました。  中岡は、執拗《しつよう》に割りこんでこようとします。房子は懸命にからだを折り、きっちりあわせた膝《ひざ》をこすりあわせるようにして、こらえます。そうして二人で身をもみあっているうちに、急に中岡のちからがゆるみました。そして、さいわい中岡は房子に届きえないままに、のろのろと脱《ぬ》け出ていったのです。  房子は解き放されましたが、すぐには歩く気になれなくて、腹をへこませ、膝をあわせて、兎跳《うさぎと》びのような恰好《かっこう》でスイッチのところまで跳んでいきました。そんなとき、顔をみられることの恥ずかしさよりも、房子はまずあたりを明るくすることを思ったのです。そして、電気をつけました。  中岡は、くるときとは打って変ったのろさで、ぶらぶらとあるいてくると、房子へ、ふっと息だけで笑いかけました。そして、 「誰かにいうなら、いっていいよ。」  というと、首をふりながら階段を降りていってしまいました。  房子の胸のなかは、情《なさ》けなさでいっぱいでした。中岡がなにを欲しがっているかが、わかったからです。そして、それは、房子が待っていたものではなかったからです。  房子はすぐ裏二階の部屋に入って、しらべてみました。ゴムがゆるんでいました。けれども、怪我《けが》はないようです。ほっとしました。  それ以来、房子は中岡を警戒しました。閉店後の見廻りのときには、隣室に夫婦で住んでいる従姉《いとこ》についてきてもらいました。しかし、中岡はそれきり、また元のむっつり屋に帰って、先夜の乱暴は忘れてしまったかのように、房子には普通に話しかけたり、笑いかけたりするようになりました。お人《ひと》好《よ》しの房子は、ふと先夜の振舞いは、ただの乱暴ではなくて、なにかのせっかちな表現だったのではないかと思ったりします。そしてすぐ、まさかと思う。もしそうなら、いくらせっかちでも、胸の方からくるはずです。背後から腰を抱かれるのは、やはり異常な感じです。  とにかく、中岡がなにかいってくれればいいのにと、房子は思いました。なにもいわずにあんなことをするから、どういうつもりなのか、理解にくるしむのです。  二ヵ月がすぎて、八月の一と月おくれの盆の日、あのいまわしい日がきました。  主人夫婦は子供をつれて近県の在へ墓参り、従兄姉《いとこ》夫婦は信州の実家に帰るというので、店は臨時休業になりました。房子とお手伝いの婆《ばあ》やが留守をします。調理場の連中は朝から盛り場へ出かけたようです。  その日の真昼のことでした。  物干場の洗濯物《せんたくもの》をとりこもうとして、房子が裏二階の廊下のはずれのくぐり戸のところまでゆくと、横合いから不意に固いもので頭をがんと打たれたのです。反射的にふりむくと、中岡がのっそり立っていました。彼をみた瞬間、房子は急に逃げようという気持が崩れて、くたくたと廊下にしゃがみこんでしまいました。頭がくらくらとし、頭の芯《しん》がしびれました。  房子は、従兄《いとこ》の部屋にひきずりこまれました。むしりとられました。中岡がからだで割って入ってきました。のしかかってきました。房子は抵抗しようにも、ちからが出ません。それでも、ふりしぼって藻掻《もが》くと、浴衣《ゆかた》の帯がゆるんで、ずり上がり、胸をきつく押し上げてきました。息が詰まりそうでした。  突然、疼痛《とうつう》が房子のなかから背中の方へ突きぬけ、房子はアッと重たい中岡を胸にのせて持ち上げました。それは、一瞬でした。次ぎの瞬間、中岡のからだはごろりと傍《かたわら》の畳の上にころがり落ちたのです。そして、這《は》うようにして部屋から逃れ出ていきました。