「特価」|ルイヴィトン財布タイガ定価_ヴィトンタイガカバン新型ピクチャー及び組み合わせ オンラインヴィトンタイガカバン専門店 design.hu


2015-01-24 13:55    ヴィトンタイガカバン
 次の瞬間《しゅんかん》、ガラリアとケルムドの身体《からだ》が、空に放り出されていた。  カットグラの腕《うで》が動いて、木のタラップが跳《は》ね上げられたのだ。  木のタラップが横倒《よこだお》しになり、二人の身体が地に転がった。数挺《すうちょう》の銃《じゅう》の音がした。  しかし、その時は、カットグラは一歩前進して、次に羽根が開いていた。 「ギィ・グッガが、カットグラを動かすぞっ!」  ケルムドの天幕の下にいた無線兵の絶叫《ぜっきょう》は、ドレイク軍全体に伝えられた。 「やはり!?」  ギィ・グッガを追ったバーンも、その無線を聞きつけて、自機を森のなかに走らせた。 「まだ捕捉《ほそく》できる! しかし、ギィ・グッガが、カットグラだとっ!?」  信じられなかった。 「飛ぶっ! ギィ・グッガのカットグラが飛ぶっ!」  通信兵の悲鳴が聞えた。  バーンはジャンプをかけて、森の上空に跳《は》ねた。その十数メートル先の森の木がドッと割れて、ガラリア機が上昇《じょうしょう》した。 「あれにギィ・グッガが!?」  信じたくなかったが、縦に回転する機体のコックピットのなかに、バーンは、確かに銀色の鎧《よろい》を見た。  ギィ・グッガは、ハッチを閉じていなかった。  そのハッチが揺《ゆ》れていた。