louis vuittonルイヴィトンダミエ
null
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ダミエ リポーター メルヴィール*A23
__null00
(ルイヴィトン) LOUIS VUITTON ダミエ リポーター メルヴィール*A23 
null ため息を吐く余裕すらない。ぎらついた目で窓の向こうを睨み付ける志貴は、まるで別人だった。 「一週間、と言いましたね。それでこの戦争を勝ち抜くと?」 「無理か?」 「いいえ──」  キャスターはわざわざ実体化して微笑んだ。背筋を凍らせかねない微笑は、しかし綺麗に澄んでいた。 「無茶ですが無理ではありませんよ、志貴。あなたの望みは、必ずや成就させましょう」 「ありがとう。少し、散歩してくるよ。いいかな」  キャスターはどうぞ、と仕草で言う。志貴の尋常ではない気配くらい、彼女にも伝わったようだった。 「そうそう」  ドアノブに手を掛けると、キャスターが思い出したように声をあげた。 「ライダーを倒すなら『マトウ』という家を探してくれないかしら。デンワバンゴウというやつで構わないから」 「わかった。マトウね」  ホテルを出てから二十分ほど歩いた。震えの止まらない腕を掻き抱いて、当て所も無く。上着も羽織らずに出てきたせいで震えているのか、それとも──。  自販機で買った缶コーヒーで体を温めつつ、震える右腕をさする。二月の初頭にしては温かいのだが、それでもジャケット無しでのんびり散歩と洒落込める気温ではなかった。