收藏

ルイヴィトンモノグラムマルチカラーバッグ編集

(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・マルチカラー トゥルースワピティ バッグ ブロン(ホワイト) M58033 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・マルチカラー トゥルースワピティ バッグ ブロン(ホワイト) M58033 [中古] 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・マルチカラー ブローニュ ショルダーバッグ M92638 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム・マルチカラー ブローニュ ショルダーバッグ M92638 [中古] 
 スタッグスも「ハロー」と応じた。 「こちらは、ジョーゼフ・アダムです」英語だった。  アヤセはロシア語で名乗りを上げた。 「書記長閣下、私は国家安全保障問題担当補佐官のヒロフミ・アヤセであります。拙《つたな》いロシア語ではありますが、通訳を務めますので母国語で結構です」 「ああ……、ロシア語を喋る高官かね……。実はまだ君についての報告書を読んどらんのでな。しかし、どうやら君のロシア語教官は、ウクライナ地方の出身のようだな。私もドニエプル・マフィアには可愛がってもらった。ブレジネフとかな……」  アヤセはある意味を込めて、ゆっくりと喋った。「回線の、調子は、いかが、ですか?」 「調子? ああ、心配ないとも。レコーダーぐらいは回っとるだろうが、年寄りの秘め事を盗聴しようなどという暇な連中はおらんよ」 「書記長閣下……」  アヤセがロシア語で反芻《はんすう》する。 「このようなことになり、お詫びの言葉もありません」 「世の中には、平和の尊さを理解できない人々が多過ぎるのです。いちいち気に病んでいたら、キリがない」 「そこで、実は貴方からこのシステムを通じて、我々に提案してもらいたい件があるのです」  アヤセは、スタッグスの言葉を受け継いだ後、漸減報復戦略について説明した。  アダムは一分近く黙っていたが、意外という感じで口を開いた。 「つまり、私に援軍を送ってくれると言うのかね?」 「双方の利益のためです」アヤセは答えた。 「余計なお世話だと言いたい所だが、お受けしよう。時間稼ぎにはなるだろう」  スタッグスが最後に呼び掛けた。
表示ラベル: