收藏

グッチ財布メンズ長財布編集

(グッチ) Gucci IMPRIME 2面開き長財布 ブラック 【並行輸入品】
__53,78400
(グッチ) Gucci IMPRIME 2面開き長財布 ブラック 【並行輸入品】 
(グッチ)GUCCI 長財布 368379 BGHIN 1087 財布 二つ折り BICROMO SELLERIA/セレリア ツートーン レザー ブラック×イエロー [並行輸入品]
__72,36000
(グッチ)GUCCI 長財布 368379 BGHIN 1087 財布 二つ折り BICROMO SELLERIA/セレリア ツートーン レザー ブラック×イエロー [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 291099 BMJ1G 1000 財布 二つ折りフラップ DICE/ダイス GG柄レザー マイクログッチシマ ブラック [並行輸入品]
__62,64000
(グッチ)GUCCI 長財布 291099 BMJ1G 1000 財布 二つ折りフラップ DICE/ダイス GG柄レザー マイクログッチシマ ブラック [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 322121 A7M0N 1000 財布 二つ折り MEN'S SOHO/メンズソーホー レザー ブラック [並行輸入品]
__69,66000
(グッチ)GUCCI 長財布 322121 A7M0N 1000 財布 二つ折り MEN'S SOHO/メンズソーホー レザー ブラック [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 352352 CAO0N 1000 財布 二つ折り DOLLAR CALF/ドーラーカーフ メタルタグ レザー ブラック [並行輸入品]
__66,15000
(グッチ)GUCCI 長財布 352352 CAO0N 1000 財布 二つ折り DOLLAR CALF/ドーラーカーフ メタルタグ レザー ブラック [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 322121 A7M0N 1217 財布 二つ折り MEN'S SOHO/メンズソーホー レザー グレー [並行輸入品]
__69,66000
(グッチ)GUCCI 長財布 322121 A7M0N 1217 財布 二つ折り MEN'S SOHO/メンズソーホー レザー グレー [並行輸入品] 
 昔々、仁徳《にんとく》天皇っていう情け深い天皇さんがいたんだと。お城の上から眺めたら、かまどの煙が、細々《ほそぼそ》と数えるほどしか上がっていなかったんだと。それで天皇さんは、国民はみな貧乏だと可哀相に思って、税金ば取らんようになったんだと。したらば、何年か経《た》って見たらば、どこの家からも白い煙が盛んに立ち昇っていたんだと。天皇さんは大喜びで、国民が豊かになったのは、わしが豊かになったのと同じことだって、喜んだんだと。  この天皇さんと、多喜二の気持ちと、わだしにはおんなじ気持ちに思えるどもね。天皇さんとおんなじことを、多喜二も考えたっちゅうことにならんべか。ねえ、そういう理屈にならんべか。天皇さんば喜ばすことをして、なんで多喜二は殺されてしまったんか、そこんところがわだしには、どうしてもよくわかんない。学問のある人にはわかることだべか。  それはそうと、末松つぁんが大正十三年の八月に死んだ話は、もうしましたね。脱腸の手術なんかで死ぬとは、夢にも思わんかった。多喜二が高商卒業して、その年の三月から拓銀に勤めることになった。わだしらは銀行なんて、一生縁のない所だと思っていたども、多喜二が勤めたということで、末松つぁんと二人で、一度だけ拓銀の前に行ってみた。六月だったべか、暑い日だった。石造りの立派な建物に、二人共びっくらこいて、 「へえー」 「へえー」  と言うばかり。あん時、末松つぁん喜んだ。 「もう一生、多喜二は食うのに心配はない。寄らば大樹の陰だ、寄らば大樹の陰だ」  って、くり返し言っていた。帰りに二人で氷水屋さ入ってね、氷水ば食べた。氷水食べる間も末松つぁんは、 「いや、ありがてえ、ありがてえ」  と、何べんも言っていた。何しろ学校卒業したばかりで、多喜二は七十円も月給もらったわけだもね。あんなうまい氷水、食べたことないわね。  思えば、あれから二カ月も経たんうちに、末松つぁんは死んだ。全くこれからという時に、可哀相に痛い目に遇って死んだ。  考えてみるとあんたさん、わだしと末松つぁんが、用らしい用もないのに、肩ば並べて、道ば歩いたということ、あれが初めてで、終わりでなかったべか。秋田にいた時だって、二人でぺちゃぺちゃ喋《しやべ》りながら道歩いたなんてこと、なかったもんねえ。  末松つぁんが死んだ時は、チマも泣いた。ツギも泣いた、三吾も泣いた。だども、多喜二が一番泣いた。 「お父っつぁん、折角おれが銀行に入ったっていうのに……」  って、病院の壁ば、叩《たた》かんばかりに泣いた。  多喜二は、その頃からだったべか、机に向かって何か書くようになった。商業学校の時も高商の時も、書くには書いたが、銀行さ入ってからは、昼は銀行員、夜は小説家みたいに我武者羅《がむしやら》に書いた。  多喜二は帰りも遅くてね、小説の仲間と話し合って来たとかって、十時四十分の終列車で帰って来る。それに遅れると、小樽から一里の夜道ば歩いて帰って来たもんだ。 「母さん、夜道を、歩きながら考えるって、いいもんだぞ。人間はやっぱり、この二つの足で大地を踏みしめないと、育つものも育たないかも知れんぞ」
表示ラベル: