購入財布二つ折り薄いレディースの技巧_プラダ 財布 メンズ 激安 何か財布二つ折り薄いレディースいい 「最新」 design.hu


2015-01-30 04:43    財布二つ折り薄いレディース
 留香は、回覧板を届けに来て、僚の悲鳴を聞きつけてあがりこんだらしい。  沙希は僚に背中を向けると、留香に向かい合った。  ——よ、よかった。助けてもらえたんだ。  安堵《あんど》のあまり力が抜《ぬ》け、その場にぐったりと座りこむ。 「沙希っ! あなたのやっていることは醜《みにく》いわっ!!」  留香は、ぴしゃりと言った。 「僕の妹なんだろうっ! みっともないことはやめるんだっ!!」  ——い、妹っ? さっき、岡下先輩、自分のこと、僕って言ったぞっ? 沙希が岡下先輩の妹っ?  沙希が、口ごもった。 「で、でも……別れようって……姉妹関係を解消しようって……」 「あなたのためにならないって思ったの。ううん。違《ちが》う。僕のためだったかもしれない。僕はあと半年で卒業する。あなたとはお別れになってしまう。沙希は、親友もつくらなかったろ。明るい学校生活を過ごして欲しいと思ったんだっ」 「制服のリボン、返してって言ったくせに……。滝沢《たきざわ》くんに告《こく》ったくせにっ!! お姉様、滝沢くんにキスしてたっ!!」 「そうよ。私も、必死だったんだ。沙希を忘れようとして、他の子を好きになろうとした。今からなら、きっと間に合う。ビアンなんて良くないわ。まともな恋《こい》をして、普通《ふつう》の人生を歩むのよ」 「私、普通じゃなくてもいいっ!」 「沙希っ、聞き分けのないことを言うなっ!!」  乾《かわ》いた音が沙希の頬《ほお》で鳴った。留香が沙希の頬をぶったのだ。  髪《かみ》を乱した沙希は、頬を手で押《お》さえた。指のすきまから、赤くなっている彼女の頬がのぞく。  沙希の瞳《ひとみ》がうるうると揺《ゆ》れ、涙《なみだ》がぽろぽろと落ちる。