プラダ財布メンズ2012ブランド推薦,プラダ財布コピー|プラダ財布メンズ2012公式サイト,オンラインプラダ財布メンズ2012専門店 design.hu


2015-01-30 05:18    プラダ財布メンズ2012
 それはたぶん、俺の生き方そのものと関係があるのだろう。 「見えちまうんだ」  ほんの一瞬、何かの拍子に。  実際にその光景が見えたわけでもなければ、声やら音やらが聞こえたわけでもない。ただ、彼女の『魂《たましい》の形』がその想いを刻みつけているのが、見えたのだ。  その言葉は……糞でも喜んで喰うという、その言葉は、かつて彼女の愛した『誰か』が口にしたものだ。アレクシアは、その言葉を背負って歩き続けているのだ。  ロマンのカケラもない、しかし底知れない決意を秘めた、その言葉を……。 「すまねえ」 「いえ。でも……」  視線を逸《そ》らすアレクシアの、その言葉の先は俺が引き取った。 「ああ。言わねえ」  約束だ。  だが、これだけは言っておきたかった。 「あんたが神曲楽士ならな」 「……え?」 「契約を申し込んでるとこだ」  彼女の魂が奏《かな》でる神曲は、きっと俺の心を……魂を……俺自身を、底の底から揺さぶってくれるはずだった。  アレクシアが、目を見開いた。  その瞳から透《す》けて見えるものは、今度は純粋に、驚きだけだった。