シャネル 二つ折り財布のブランドの割引の旗艦店,プラダ 財布 偽物 オンライン買ってシャネル 二つ折り財布 シャネル 二つ折り財布のどの製品です design.hu


2015-01-30 05:05    シャネル 二つ折り財布
「あたしにだって、いろいろ事情はあります。そうでなければ、こんなとこに、あたしのようなフェラリオがいますか?」 「…………!?」  ステラはチャムの理路整然とした物言いに、どういう種類のフェラリオかと興味をもったようだ。  目をしばたいてから、 「どこから、コモン界にきたんだ? どこにいたんだい?」  今度はチャムが警戒した。けれども、敵ではないとわかっていたので、 「クスタンガの嵐の壁に巻きこまれて、気がついたらラース・ワウにいたり……」 「ラース・ワウに? わからないね。そんなのが、なんでこんなところにいるんだ?」 「なんでって……ホラ、オーラ・マシーンっていうのあるでしょ? あたし、あれに隠れて遊んでいたりしたら、こんなところに出てきちゃったんだ」  これはウソではない。 「……ヘン、そういうことかい……間抜けで、意地汚いところは、トロゥと同じだねえ」  ステラは、焚火に息を吹きかけて、火をおこしながらそういった。 「本当に断ったんだよ、スープ食べるの。ごちそうさま。元気が出てきそうで、とっても嬉しいわ」 「フン、口がたつんだね?……フーッ!」  ステラはチラッとチャムを一瞥《いちべつ》しただけで、焚火の火を大きくすることに集中した。  チャムは、一方で焚火をしながら、一方では人の目を気にするという、どこかチグハグなものが感じられるステラに、どういう種類の女性なのだろうかとちょっと考えこんでしまった。 「…………」  チャムはあたりにある枯枝を集めだした。腕いっぱいになると、ステラが手にした枝が飛んでこないかと警戒しながら焚火の方にはこんだ。