prada二つ折り財布包郵,ヴィトン 長財布 人気|オンラインprada二つ折り財布専門はどうですか prada二つ折り財布棚浚え全て design.hu


2015-02-05 18:47    prada二つ折り財布
 男のマスクの奥から、くぐもった声が洩《も》れた。サイレンを口まねしているような気味の悪い声だった。 「うううううああああおおおおおお!」  男の声は尻《しり》上がりに太く大きくなる。そして、不意にその姿が視界から消えた。 「えっ」  一瞬《いっしゅん》、虚《きょ》を衝《つ》かれたが、すぐに男がドアの前から横っ飛びに跳《は》ねただけだと気づいた。裕生も玄関の外へ飛び出すと、レインコートの男は団地の建物の前に着地したところだった。そして、恐ろしい速さで駆《か》け出した。 「ちょっと待って!」  裕生は走りながら男の背中に向かって叫んだ。おぼろげながら彼にも分かりかけていた——この相手は自分に怯《おび》えている。人間に出会った野生の動物のように。  少し走ったところで、男はすぐに向きを変えて公園の中へ飛びこんだ。追いつくことなどできそうもない。裕生はさらに大声で叫んだ。 「カゲヌシを倒す方法を知りたいんだ!」  裕生は息を切らせながら公園の入り口に辿《たど》り着いた。レインコートの男は公園の真ん中でぴたりと動きを止めていた。彼の声に反応したらしい。 「ぼくは藤牧《ふじまき》裕生」  ゆっくりと男は振り向いた。あまり相手を刺激《しげき》しないように、裕生は数メートルほど手前で足を止めた。 「カゲヌシと契約してるの?」  裕生は子供に話しかけるようなつもりで言った。この男はなんなんだろう、と裕生は思った。今まで出会ったカゲヌシの契約者とはまったく違う。ただの人間には見えないし、かといってカゲヌシの側に立っているわけでもない。カゲヌシの「サイン」を描《か》いて回るのは、人間を捕食するカゲヌシの行動としてはまったく理屈に合わない。 「しゃどうていかー」  しゃがれた声で男は言った。ようやく言葉を口にしてくれたが、なにを言ったのか理解するまで少し時間がかかった。 「……シャドウテイカー?」  黄色《きいろ》いフードに包まれた頭がうなずいた。裕生《ひろお》は頭の中でその言葉を反芻《はんすう》する。