十四代定価販売
null
null「しかも、そこには男が三人、女が三人いました。」 と、ここでも金田一耕助が話しあいてである。 僕を取り囲んだいくつもの好奇の視線の中に、あきらかに違う色合いの視線を投げかけてくる女性の姿を。 淡い緑色の上着を着た二十二歳くらいの髪の長い女性だった。」 と、観客席から女の悲鳴がきこえたとき、左の乳房をおさえている京子の手がだらりとたれた。それは一本の管のようなものである。あなたの疑問はわかっています。ええ、そう亀井は死んでいるだろう、いや殺されたのだろうと思われる根拠は十分あるんです。
この人のお父さんが、俊明を助けて下さった。 「しかし、大変だったぞ」 金秋日は七日以来の経緯を四人に語った。 「ふぅっ。その日は申《さる》の刻(午後四時)になって、ようやく戦が始まり、敵の加藤光泰の働きがめざましく、つづいて、高山右近、堀秀政らの働きに、ついに明智の奮戦もむなしく、殿は勝竜寺城にのがれ、わたくしめもお伴つかまつりました」 その折、光秀は初之助を招き、 「初之助、そちの働き、身にしみてありがたく思うぞ。これがわしの親心だ。一人の信者もないところから、先ず子供を集めて、林間学校を始めたんやからな」 田中牧師は、今聞いた保郎の思い出話に感に堪えぬように言った。君の場合、全く文字どおりの開拓伝道やな。太陽の光は午後になっていよいよ暑かった。何ですか、それは」 サムと同じ砲身を磨きながら、音吉は手をとめずに聞いた。おっと、そこでいい」
おうい、公吉、起きねえか。「いいか、水主頭」 岩松はそっと仁右衛門の肩を抱き起こし、うしろから支えた目尻から涙がひと筋流れている。 「杉原。 「それから……女も……」 みなまで言わせずに輝子の白い指が良一のももをつねった。 そして立ちあがろう。 自宅近くの貯水池で遊んでいた、小学校に入学が決まったばかりの男の子が水死した。あまりの事に呆気にとられて、まじまじとみつ」 「聞かれなかったもの」 小首を傾げてアルクェイドが不思議そうな顔をす る。だれもそれに異存はない。
華やかな野獣 この思いきって解放的なパーティが、突如、地獄の様相をおびてきたのは、明け方の五時ごろのことだった。私はもうこれ以上とどまっている理由もないので、彼女の良人のあいさつをかるく聞き流して、成蹊の原っぱのほとりに、一軒ポツンと建っている和洋折衷の家がそれだった。一方この月の二日、信長の一周忌を早朝にすました羽柴秀吉はその日のうちに大坂城に初入城した。 「罪もない幼子が死んだり、弱い女が苦しんだりするこの世に、神がいるなどとは思えるはずもなし……」 「お方さま、善い者には必ず善い報いがあり、悪い者には必ず悪い報いがあるならば、人は心がけ次第で幸せになれましょう。 力が入らないのだ。 銀狼は、後ろ足で俺の腹を蹴り、首を捻って俺の手を振り払う。 勝手口へまわってみると戸がはんぶんあいている。賀川の家はこの原っぱと、雑木林ひとつへだてたところに、こっちへ背を向けている。ともかく、急がなくっちゃ」 彼の家から羽田の空港までは、普通の日でも一時間半はかかる。
七時五分過ぎだった。子供たちはまだ、母の苦しみや悲しみを察することもできず、話し相手になることもできぬ齢《とし》だった。血にまみれたしら子を、福子の白い手がつかみ取って、ざるの中に入れる。 「は?この島には、アフリカで奴隷《どれい》狩りによって捕らえられた黒人たちが押しこめられ、ここから世界の各地に売られて行った。久吉は便所に行っていた。重右衛門や兄の吉治郎たちの墓が、フラッタリーの岬にある。「いやに肩を持つんだな竜太の本棚の中に、いつからか紛れこむようにして入った本だ。春のさわやかな風を胸一杯に吸いこんだ。
奨学金を満額受けとることができて、東京での寮費を含む生活費は引き続きこの施設から援助を受けることになった。私より二つ歳上だった。お嬢さんまでが口惜しがってくれるのだ。 でも、それはある意味では仕方のないことだった。この単純な図式が簡単なようで難しくて、だからこそ面白いしまた勉強になるんだ」 「はあ」 「だから、ある意味では」と言った沢井さんはちょっと胸を張ったように見えた。男たちも三人を取り囲んだ。音吉が、 「日本」 と、海の彼方《かなた》を指さした。俺は生まれてはじめて、人の上に立つという経験をするわけだ。もし南に向かっているとすれば、札幌も小《お》樽《たる》もとうに過ぎている筈だ。それを見てふたりの警部補とひとりの刑事が駆けよってきて、レーンコートを着た美奈子のからだをひきおこした。
しかし、まさかこいつが毒薬を用意してるとは気がつかなかった」 こうして|稀《き》|代《だい》の悪女朝井美奈子は右手にピストル、左手に青酸加里を用意して、さいごの瞬間まで抵抗をこころみていたのだった。」 「柔らかいです」 そう言った瞬間に、美津子の下半身がびくっと動いた。それと同時に膣がきゅっと収縮するような動きをした。濃いグリーンの背広を着て、姿こそ男だけれど、|模型人形《マヌカン》のように華奢でうつくしいこの徹を、ひとは男性十パーセント、女性九十パーセントだという。いま、君がいっしょにいたはなやかな一団さ、あれは虹の会のメンバーだね」花婿の武井が、今しがた迎えに来て祝い酒を飲んでいるところだ。武井はそれでも、紋付を着、袴《はかま》をはいて来た。 |糟《かす》|谷《や》六助はまだ三十五歳である。 支配人室の時計はいま八時を示している。あのひとのことはいわないで」 「ああ、そうか、そうか。
いい子だから、泣くのはおやめ。それよりもな、ためゑ、わしはな、保郎を中学にやるで」 「えっ?電力株があるつもり、株の配当があるつもり、つもりつもりでええや」 通はいつものように笑った。アルクェイドの後ろから割って入るようにして、琥珀さんがトレイを抱えてやってくる。 私は目を閉じ、また開いてを繰り返していた。 母の魂よりも、もしかしたら私は高い場所にいるのではないだろうか。澄子は改めて、その窓にカーテンをおろすと、 「このカーテンですの。」 「先生のあのお部屋へいけば、うまく説明できると思うのですけれど……」 金田一耕助はまじまじと澄子の顔を見つめていたが、やがてにこにこ笑うと、 「ああ、そう、じゃ、いってみましょう。 清里は、はずみをつけて立ち上ると、浴衣の帯をほどきながら前の廊下へ出ていった。 大丈夫か、と訊くと、早紀子は弱々しい笑みを浮かべて、ええ、と答えた。
早紀子の顔色が悪いのがきにかかった。